ホルモンのバランスの乱れなどによって

ホルモンも分泌してるんですよやく

治療薬投与群

ほくろのがんを植えつけたネズミの運命悪性黒色腫ほくろのがんを植えつけたネズミのAGEシグナルをブロックする治療薬を与えると、腫瘍の増大が抑えられ、生存率も高まる!

  • は治療薬を投与、○は何もしなかったもの対照群
  • 黒いほうは1割くらい。
    しかも1匹も死なないこの実験から何がわかったのかというと、AGE-RAGEの複合体が、がんの増殖や転移に関わっているのではないかという可能性です。

    さらに、私は前に、タバコをやめてからも一定の期間は肺がんや心筋梗塞のリスクは高いまま残る、つまり過去のツケ喫煙歴を引きずってしまうことをお話ししました。糖尿病の血管合併症の場合と同様に記が存在すると。
    この事実も、AGE犯人説を支持する結果です。
    ということはAGEを減らす、あるいはAGE-RAGEの活性化を抑える薬や方法によって、がんは防げる。
    あるいは転移や増殖をコントロールできるかもしれません。
    明るい希望が少し見えてきましたね。
    私は、糖尿病と循環器、老年病の専門家で内科医です。がんの治療に直接携わることはほとんどありません。
    でも、私が外来で診ている糖尿病やメタボの患者さんの中にはがんを抱えた患者さんが多くいらっしゃいます。漠然とした印象ですが、とくに、乳がんと大腸がんが多い気がします。

    ストレスを解消するためという


    うつだから何もできないのです

    このがんの分野でも、AGE-RAGEを標的に新しい診断や治療法が開発されればいいと感じています。がんの専門医とも最近、少しずつ研究の場で交流を持ち始めています。
    インスリンとがんとの関連は?
    がんになる二つめの仮説。インスリン関与説です。糖尿病になると、インスリンがいくら出ても細胞がブドウ糖をとりこめない。これを「インスリンに対して抵抗性がある」と言いました。
    栄養分のブドウ糖がとりこめないので、体中の細胞は飢餓状態におちいっています。なんとかしようと頑張って膵臓の細胞はインスリンを出しつづけるわけです。

    病気の苦

    体の中は、高インスリン血症、つまりインスリンの血中レベルが高い状態になっています。
    ところが、がん細胞だけがインスリンに対する抵抗性がなかったらどうでしよう。インスリンには、細胞を増殖させる働きもありますから、がん細胞は増えつづけるかもしれません。がん細胞には、どんどん糖をとりこんだり、血管を呼びこんだりして、栄養を独り占めする傾向が知られています。
    何となく関連性がある感じもし肥満→メタボ型糖尿病0インスリン抵抗性0高インスリン血症0がん......。
    ます。この仮説が出されてから、糖尿病の患者さんの間ではインスリン治療を長く行うとがんになるのではないかという不安の声が上がり始めました一昨年前くらいから論争になってきています。でも、インスリンを使わなければコントロールできないほどひどい糖尿病患者だから、がんの頻度が高いのか、それともインスリン治療そのものに問題があるのか?厳密な意味でよくわからない。


    症状が現れるケースが少なからずあ

    認知機能が壊滅的な打撃を受けているわけではありません

    それにインスリン抵抗性があり、高インスリン血症の方には、が多く、そもそも生活習慣がゆがんでいて、そのためにがんが多いだけかもしれないメタボで肥満の方要するに、「高インスリン血症0がん」という仮説には、直接的な証拠がないわけです。ただ、これまでに報告された多くのデータや論文を見てみると、インスリン治療そのものには、「まず悪影響はないだろう」というのが大方の見方です。インスリンを使っている糖尿病の患者さんは、くれぐれも勝手に怖がってインスリンの注射をやめないでください。主治医の先生とよく相談されて個々の病状に合った治療を継続されていかれることが一番です。いま、若干触れましたが三つめの仮説は肥満説です。
    ロファージがやってきて、脂肪細胞に攻撃を仕掛けます。
    な炎症状態になっています。
    脂肪細胞が脂肪を蓄えて大きくなりすぎると、マクそのとき炎症反応が起きるので、肥満の人は慢性的炎症性の物質が体中に放出され、そのストレスががんをつくる、増やすという説です。また、肥満患者の背景にある生活習慣もがんの発症に関わりうることは先に述べたとおりです。つまり、肥満になるような生活習慣は、糖尿病にもがんにも悪い。

    症状が更年期のために起こる


    腰痛がひどくなる

    そのため、糖尿病とがんには直接的な因果関係はないけれど、二つの病気は同時に存在する確率が高いという可能性もあるわけです。
    以上、糖尿病とがんとの関連についていま現在、提唱されている仮説を簡単に説明しました。でも、最近行われた研究では、糖尿病患者のがんのリスクが、ほかのメタボや炎症、肥満という因子とは独立して、高血糖という要因だけでうまく説明できることもわかってきました。糖尿病でがんが起こりやすくなる過程の一部にAGEが関わっていることは十分に考えられます。
    AGEが減ると長寿遺伝子が活性化する本章の冒頭で、皮膚の老化の話題を取り上げた際に長寿の話をしたのを、ご記憶でしょうか。
    線虫、ショウジョウバエから始まって、マウス、ラット、サルまで、すべての生物で、腹七分目、八分目にすると、寿命が延びることがわかっています。認知症といってもいろいろなバリエーションがあることを知

    • ガンをもっている人に会う
    • 薬を乱用するなど
    • うつなどがみられる。


    認知症といってもいろいろなバリエーションがあることを知 認知症といってもいろいろなバリエーションがあることを知 健康に過ごすため

    カテゴリー: 医者, 生活習慣 タグ: , , パーマリンク