健康に過ごすため

病気と戦える態勢になるということです。

でも油でカラッと揚げた揚げ物や、こんがり焼いた肉はとてもおいしそうですねもともとAGEは味や風味に関わっているので、AGE化された食べ物は食欲をそそります。ですから一番いいのは、AGEをたくさん食べても、体内に吸収されなければいいわけです。
そうすれば私たちはおいしいものを心おきなく食べながら、AGEの障害からも逃れられるというわけです。そこで私たちの研究グループは、AGEを腸管レベルで吸着して、コーティングしてしまい、そのまま便として排泄してしまうようなものを探してみました。
いままでいろいろな物質を試してみたのですが、人の臨床でも効果が出ているものが一つだけありましたそれが活性炭です。

AGEの吸着率

AGEをどれだけ吸着するか調べると、キチンが圧倒的に吸着率が高いことがわかる。

化学会社が、医療業界に参入してきて、人の体に使える活性炭を開発したのです。
商品名はクレメジンといい、腎臓が悪い透析一歩手前の患者さんに使われている薬です。
この薬の本体は炭ですが、ものすごく細かな穴が開いていて、穴の中にいろいろなものをとりこんで吸着できるしくみになっています。
腎臓の働きが衰えている患者さんは、体外に出してしまいます。
悪い物質が体内にたまってしまうので、それをクレメジンが吸着してこの炭の穴にAGEの分子も入りこんで、体にとりこまれずに一緒に外に出されてしまうのです。
私たちは透析手前の患者さんに実際にクレメジンを飲んでもらい、三カ月たってAGEの量を調べてみました。
すると血中のAGEの値が、なんと三OS四〇%も低下したのです。このクレメジンには、後発メーカーがつくった同じ成分の薬がありますが、の低下作用は期待できないようです。

認知症以外


ホルモン受信機について勉強してき

面白いことにその薬ではAGE調べてみたら、穴が大きすぎてAGEがすり抜けてしまい、吸着できないのが原因でした。
成分は同じでもAGEをつかまえるためには、穴の大きさが問題だったのです。
カニやエビの殻もAGEをつかまえるクレメジンと同じ効果がある物質がほかにもあります。それは、キチンとキトサンです。
キチン、キトサンはカニやエビなど甲殻類の殻に多く含まれている物質です。食物繊維の一種で、海藻やこんにやくやセルロースと同じように、血糖値のはね上がりを抑える働きがあることで注目されていたのですが別の効用があることもわかってきました。
AGEを吸着する作用です表4。AGEの吸着率を見てみると、なんとキチンが六四%!
が三〇%ですから、キチン、キトサンの働きがいかにすごいかがわかります。
ただし、これらの実験データはあくまで試験管の中の結果です。クレメジンは人である程度、結果が出ていますが、キチン、キトサンが本当に人間の体内でAGEを吸着してくれるかどうかは未知数です。
アレルギーの問題もあります。

薬物療法を行います

カニやエビの殻がいいからといって、甲殻類にアレルギーのある方には、毎日食べられるものではありませんし、もちろん使えません。
また唯一、人間で効果が立証されているクレメジンも、AGEの治療薬として認められているわけではありません。
投与後の日数図13治療薬アカルボースによる心筋梗塞の発症抑制効果アカルボースとプラセボを与えて、心筋梗塞の発症例を調べた。あくまで重い腎臓病の患者さんのための治療薬ですから、す薬としては使えません。
いまのところ食べてしまったAGEを減らやはりAGEはなるべく口から入れないほうがよい。高温で加熱したものや焼き色がついた食べ物ばかり好んで食べることはしないようにしたほうがいいでしょう。


薬が最もポピュラー

免疫は本来

ブドウ糖の吸収を抑える薬クレメジンやキチン、キトサンは、口から食べてしまったAGEを体外に出す働きをする物質でした。
り外からとりこんだAGEをそのまま外に出してしまう方法です。
つま一方、体内でAGEがつくられるのをブロックして、それ以上AGEを増やさないという方法もあります。
内科の臨床の場では、こちらのアプローチでつくられた薬がいくつかあります。
そのうちの一つは、腸でブドウ糖が吸収されるのをブロックする薬で、α-グルコシターゼ阻害薬といわれています。食事に伴うブドウ糖の吸収がゆっくりになれば、血液中のブドウ糖濃度の上昇も緩やかになります。
して、タンパク質が糖化するAGE化も起こりにくい、というしくみです。
結果とα-グルコシターゼ阻害物質は、前のページで取り上げた桑の葉茶や、アガリクスなどのお茶やキノコ類に含まれています。

治療しないと慢性化


ストレスに対する抵抗力

こうしたお茶やキノコ類を食後にとることで、AGE化を防げるかもしれない、という話をしましたねその成分をさらに化学的に合成したのがα-グルコシターゼ阻害薬の一つ、れは現在、糖尿病の治療薬として使われています。アカルボースという薬です。
こ私たちは、この薬を一度も飲んだことのない糖尿病患者さんに三カ月間飲んでもらい、が下がることを見つけています。
血中のAGEレベルさらに、この薬を飲ませた欧米の患者さんたちのデータを見ますと、心筋梗塞の発症率が低いという結果も出ています図13
薬を飲まない方と比べて、飲んだ人は心筋梗塞の非発生率AGE-RAGE
の複合体の活性化を妨害するAGEが体内にダメージを与えるのは、主に細胞にある受容体RAGEとくっついたときですAGEがRAGEにくっついても、AGE-RAGEの複合体が活性化され、酸化ストレスのビームを出さないようにする薬があれば、AGEの影響がかなり抑えられます。
薬を飲ん

  • ガンの発症が急増
  • ストレスになりました。
  • 神経が乱れるのでしょう。


薬を飲ん 神経の働きやく 薬を飲ん

カテゴリー: うつ, 心筋 タグ: , , パーマリンク