神経の働きやく

老化が促進する可能性が高い

それは腹七、八分目にすると、SIRT1という長寿遺伝子が活性化するからだと言われています。一方で、こういう研究もあります。ネズミを腹八分目にするのですが、少なくなった分をAGEのドリンクで補うと、寿命は延長しません。
反対に腹いっぱい食べさせても、食べ物の中のAGEの量を八分目にすると、腹八分目にしたのと同じ寿命長寿遺伝子SIRT1が増えることがわかりました。
食事からとるAGEも少なく延長効果がある。
さらに食事でとるAGEを制限すると、以上のことから、なったために、腹八分目による寿命延長効果は、食事が少なくなった分、寿命が延びたとも考えられます。
性ホルモンに与える影響-更年期障害男性にも更年期症状があるようです。
低下症候群(Late-onsetHypogonadism)。
早い話が男性ホルモンの低下です。
これは、ロー症候群といわれています。正式名称は加齢男性性腺機能頭文字をとってローLOH症候群です。テストステロンというホルモンが低下して、男性らしさが失われていきます。メンタル面では覇気がなくなり、うつ傾向があらわれます。体型も女性化して、脂肪がつく。

すると内臓にも脂肪がつくので、内臓脂肪型肥満からメタボリック·シンドロームになりやすい糖尿病を発症して、動脈硬化のリスクが高くなることも知られています。
そしてこのロー症候群の男性ほどAGEの値が高いという相関関係がみられます。逆に言うと、が高いほど、男性ホルモンが少ない男性更年期になりやすいという言い方もできます。AGEの値AGEとロー症候群との因果関係についてはまだよくわかっていません。考えられる仮説としては、AGE値が高いとメタボリック·シンドロームになる。メタボのいろいろな因子が男性機能を落としている可能性があります。それからAGEそのものが男性の性腺機能を落としている可能性も考えられます。
このあたりは、まだよくわかっていません。
最近、男性更年期が注目されていますが、している先生がいます。
更年期
という言い方はやめてロー症候群
にしようと提唱私も日頃からいろんなことを教えていただいている帝京大学の堀江重郎主任教授です。
堀江先生によると、更年期とは年が改まって新しいものに変わること泌尿器科の先生です。では何に変わるのかというと、女性の場合、更年期になると女性ホルモンがなくなって男性ホルモンが残るイメージ的には、中学生くらいの男子に戻ってしまう感じだそうです。

認知症と診断してアリセプトの投与を続けている


病気を治すためには食べない

そういえば、その年代の中年女性は徒党を組んでみんなで遊びに行ったり、旅行をしたり、キャッキャツと楽しそうです。
おしゃべりも活発ですし。
単に、子どもに手がかからなくなったせいというだけではないように見えます。
彼女たちはみな、ホルモンバランスが中学生の男子のようになってしまったのでしょう。
では、男性は何に変わるのかというと、男性ホルモンが出なくなるので、堀江先生いわく仏様になるらしいです。すべてを達観した意味で仏様になるのではなく、興味を持たず元気もなく、ただ生きているだけのようななんだか、おとなしくなってしまう。
何にも年をとると丸くなる、と言いますが、単に男性ホルモンが少なくなって、覇気がなくなっただけかもしれませんね。

認知症の患者さんもいます。

ロー症候群の状態は、そろそろその年を迎えつつある私にとっても魅力的には見えません。私は現在四九歳です。お世辞でも若々しいですね、活発ですね、と言われるとうれしいです。なんとかロー症候群だけはさけたいと思います。AGEを抑えることが予防につながるかもしれません男性ホルモンの話が出たついでに話しておくと、とっては悪玉になります。
男性ホルモンは男性にとってはとても重要ですが、女性にのうほうたとえば女性なのに男性ホルモンが出すぎてしまう、多嚢胞性卵巣症候群という病気があります。
ぶくれのような嚢胞がたくさんできて、そこから男性ホルモンが過剰に出てしまう。
卵巣に水これになると、女性が男性化します。
ヒゲまで生えてきます。
そしてAGEがたくさんある女性ほど、男性ホルモンの値が高い男性はAGEが多いと、男性ホルモンが少なくなりますが、女性は反対に男性ホルモンをつくってしまう。同じAGEなのに、女性と男性でまったく逆の作用をする。そしてどちらの場合も悪さをする。例のAGEのパターンですよ。


認知症の中核

老化物質であるAGEを減らすという観点

正常の働きを阻害し、やらなくてもいいことをしでかす。
まったくあまのじゃくな物質です。歯周病とAGE最近、歯周病の患者さんが増えています。特に糖尿病やメタボの患者さんで歯周病のリスクが高いことがわかってきました。歯周病とは、歯を支えている歯茎などの組織にばい菌がついて慢性の炎症が起きる病気です。歯茎からの出血や痛み、口臭の原因になるだけでなく、ひどくなると歯が抜けてしまいます。そして歯周病が進むにつれて、糖尿病が進行したり、心筋梗塞などの血管系の病気になるリスクが高まるともわかってきています。いわば、口腔内に起こる生活習慣病の一つです。
この歯周病の進展にAGEが関与しているようです。糖尿病のネズミでは歯周病が進みやすく、AGE-RAGEが活性化していることがわかっています。
歯周組織でまた、歯周病のある糖尿病の患者さんでは、歯周病のない糖尿病患者さんと比べて血中のAGE値がより多くたまっていることも知られています。

検査を受けておくことが大切です。


遺伝的要素はもって生まれたものです。

どうやらAGE-RAGEの活性化が歯周組織の炎症を強め歯周病を進行させてしまっているようです。お口の中でもこいつは悪事を働いているのです。
AGE-RAGE連合軍が、体の各所でいろいろ悪さをする、

AGEを抑える薬と治療の最前線

AGEをつくりやすい人とつくりにくい人がいる病気のかかりやすさとAGEとの関係について、お話ししたいと思います。同じように血糖コントロールが悪く、糖尿病になってから同じくらい日が経つのに、ある患者さんはピン失明寸前AGE-RAGEシャンしていて合併症などまったくなし。
一方、ある患者さんは、透析を受け、糖尿病の患者さんを多く診察していると、こんなケースに遭遇します。
悪のもとなら、なんだか、おかしな話ですよねの活性化が諸でも、こういった病気、合併症の起こしやすさにも、AGE-RAGEは深く関わっています。
食習慣や生活習慣で、体内にたまるAGEの量が変わってくるのはもちろんです。でもそれ以外に、AGEのたまり具合には個人差があることがわかってきました。
同じ二00という血糖値が五年間つづいても、AGE化が進みやすい人と、卵性双生児を対象にした研究でわかってきたのです。
進みにくい人がいることが、一AGEの量1血糖値×その持続時間であらわせましたよね。でも、AGEのつくられ方には遺伝的な違いが存在するのです。
検査が行われています。

  • 免疫力はがくんと落ちます。
  • 薬の種類と量の選び方
  • 医療センター病院長


検査が行われています。 認知症専門病棟で回診と当直を担当したのです。 認知症といってもいろいろなバリエーションがあることを知

カテゴリー: 健康, 免疫 タグ: , , パーマリンク