薬も飲みませんでした。

うつを認め

薬品の摂取などはその代表的なものです。
結局のところ、AGEは人間が進化の過程で、便利さと引き換えに背負った宿命なのではないか。
AGEは食品を加熱することによって生まれます。だから生肉や刺身や生野菜にはAGEはほとんど含まれていません。
食べ物を生で食べていた間は、いまのようにAGEをたくさんとりこむリスクはなかったわけです。
ところが人間は火を発明しました。おそらく、雷か何かが落ちて火の手が上がり、火事がおさまった後、そこに行ってみたら獲物が焼け死んでいて、生で食べるよりやわらかく、おいしかったのアプローチが始まっていったのだと思います。
ギリシャ神話によれば、人類に火をもたらしたのは、火の神プロメテウスということになっています。火という貴重なものを授かった代償に、食べ物の中のAGEという、どちらかというとありがたくないものを押しつけられてしまったのかもしれませんこんなところから火へチンパンジーに比べて人間の脳が発達した理由の一つは、なくなったためだとも考えられています。

神経の働きが乱

人間が火で調理することで食事にかける時間が少キリンやゾウを例にとると、彼らは朝から晩まで栄養価の少ない葉っぱを食べていますよね。
大半を食事の時間に費やす。とてもではありませんが、知的活動ができる時間などありません。
一日のうちのトラやライオンも狩りに膨大な時間を費やしますし、捕った獲物は生肉なので、とても硬い。食事の時間がものすごく長くなります。睡眠と食事以外の時間はわずかで、知的活動に費やす時間的な余裕がまったくありません。
人は火を使って調理することで、栄養価の高い肉やさまざまな食材を短時間でやわらかく食べられるようなりましたそのことでおそらく脳が大きくなり、さらに進化して、知的な活動をしたり論理的に物事を考えることができるようになった。

 

医師もいるほどです。

だから火を発明したこと、それを生活の一部として使うことは、人類が進化し今日のように繁栄していく上で、とても重要な出来事だったのだと思います。さらに、人間は火を使うことで、同じ時間帯に1カ所で一緒に食事をするようになったのだと思います。それまでは、てんでんばらばらに森に行って狩りをして、捕獲した獲物はその場で生肉で食べていたのでしょう。
そうしている限り、ファミリーの形成はありませんでした。
ところが火を一カ所で焚いて、捕った獲物の肉を火にくべて、リーができて、コミュニティができ、文化が生まれた。
調理をしてみんなで食べる。
そこからファミ人間の文化の成立や、家族と社会の成立を考える上で、食品中のAGEが生まれたのだと、私は考えています。火はひじょうに重要です。
そのトレードオフとして果物に含まれるフルクトースに注意とにかく食品は火を使わずに食べていれば、AGEの心配はあまりありません。
はなるべく生か、それに近い湯炊きの形で食べるといいのです。
だから生で食べられるもの果物も生といえどAGEは多少ありますが、火を使って調理したものに比べれば、たいした量ではありませんただし、果物に含まれる果糖
には大きな問題があります。

症状を抑えます。
そのことをお話ししておかなければいけません果糖はブドウ糖グルコース果糖はフルクトースと呼ばれています。
化を起こしやすい。
そしてフルクトースよりAGEとはほとんどがブドウ糖いままでAGEはタンパク質と糖の糖化反応と言ってきました。
で、の種類はあまり問題にしてきませんでした。
その場合の
体内で起こるAGE化は、だいたいブドウ糖といろいろなタンパク質との糖化反応だったからです。でも糖はブドウ糖だけではありません。いろいろな種類があって、タンパク質を砂糖まみれにする糖化のスピードにもそれぞれ差があります。

 

病気も回復することになる。

フルクトースコーンシロップは一0倍のスピードでAGEをつくるしかし悲しいかを現在、私たちはフルクトース果糖を極端にとる状況下に置かれつつあります。清涼飲料水、炭酸飲料、お菓子、缶詰、各種加工食品など、生鮮食品でないありとあらゆる飲み物や食料の甘味づけに「フルクトースコーンシロップ」が使われています。納豆のたれにまで使われているといいますから、とても広がっています。コーンシロップとは、トウモロコシ由来の甘味料のことです。
一般に穀物や果物を食べれば、それぞれに固有の甘味があります。かつて甘味づけといえば砂糖によるもので、塩と同様、とても高価で貴重なものでした。砂糖はサトウキビやサトウダイコンテンサイから抽出してつくられ、ショ糖とも呼ばれていました。

生活習慣が乱

薬をやめると治ります果糖、つまりフルクトースはそのスピードがもっとも速い。
ちなみにフルクトース果糖とグルコースブドウ糖は、化学式はまったく同じです。C6H、206
分子量も化学式も同じですが、分子がつく場所がちょっと違う。
たったそれだけで、フルクトースはひじょうに甘くなります。
私たちはラットを実験的に短期間で糖尿病やメタボリック·シンドロームにさせるときは、フルクトースを食べさせています。
ラードを食食事の五0%をフルクトースにする。
べさせるより、ずっと簡単です。
すると二カ月で見事にメタボのラットができあがります。
もちろん、私たちが日常生活の中で食べる程度の果物なら問題ありません一日の摂取カロリーのうち1000キロカロリー以上も果物で食べる人はいないでしょうから。
せいぜい1四個くらいりんごであれば1個、バナナであれば1本000キロカロリーくらいですよね。
ですね冬みかんなら三コタツの上にみかんを山盛りにして、手のひらが黄色くなるまで毎日食べつづけてしまうというような極端な食べ方をしなければ、もちろん大丈夫です。何より、果物はビタミン豊富でおいしいです。


薬をやめると治ります 薬抗てんかん 家庭犬訓練士の詳細情報

カテゴリー: ガン, 医者 タグ: , , パーマリンク