薬を飲ん

病気になりました。

病気に影響しないかと心配する母良恵さん

私の母親も痛みを訴えたことはありませんでしたが椎体骨折を起こしているようです。私が小学生のころに比べて三センチほど身長が縮んでいます。もともと小柄ですので、骨の量も多くなく、加齢による骨粗鬆症の影響を受けやすかったのでしょう。さらに、骨粗鬆症には、遺伝が強く関わります。そういえば、母方の祖母も背中が丸く、「なんで下を向いて歩いているんだろう」なんてことを子どものころに思ったことがありました且萍公正ア背中が丸くなると腹圧が上がり、食べ物が逆流して逆流性食道炎になった不整脈が出る可能性があります。呼吸器肺の働きも障害されることがわかってきました。
り、心臓や大動脈も押されるためいろいろな病気の原因になるというわけです。
ここで骨の構造について少し説明しておきましょう。
骨は鉄筋とコンクリートでできている建物を想像していただけると、一番わかりやすいと思います。
老化のメカニズム人はなぜ

医療者側はよく認識してほしいものです。

どれだけいい素材の鉄筋を入れているか、どれだけコンクリートをケチらずにきちんと入れているかで、建物の強度が変わってきます。
と骨質によって変わります。
骨密度に相当するのがコンクリートで、骨の強さも骨密度たるのが鉄筋です。骨の量骨質に当鉄筋、つまり骨の屋台はコラーゲンでできています。コンクリートは、骨をつくったり壊したりする細胞(それぞれ骨芽細胞と破骨細胞と呼びます)で調節されています。コラーゲンは三つ編みのような構造になっていて、骨の中に足場を組んでいます。その足場に支えられて、コンクリートに相当するカルシウムから簡単に言うとミネラルが集まっています。
つまり鉄筋に相当するものが大事なのふつう骨の強さは骨密度で計られることが多いのですが、ではないか、ということが最近わかってきました。

 

細胞分裂を繰り返しながら上層に向かい

医師には見えないお化けのような存在となってしまいます。実は骨質というのも、糖尿病の患者さんには骨粗鬆症の人が多く、とくに1型糖尿病(インスリンをつくる細胞が壊されて起こる糖尿病若年発症例が多い)の方では、七倍近く骨粗鬆症の危険性が高いのですが、骨密度を計ってみるとそれほど低くない。
建物でいうまた成人になって糖尿病になった患者さんにいたっては、とコンクリートの量は多い骨密度はふつうの人よりむしろ高いにもかかわらず、二倍、骨粗鬆症のリスクが高い。ポキポキ折れるのはどうしてか^どうやら糖尿病で骨粗鬆症を起こしている最大の原因は骨密度にあるのではなく、鉄筋に相当する部分、つまり骨質に問題があるのだろう、ということになってきたわけです。
AGEが骨をもろくするコラーゲンに問題があるというこ骨の鉄筋に相当するのがコラーゲンです。
とです。骨質に問題があるというのは、そこでAGEが登場します。骨のコラーゲンが糖化してAGEになると、コラーゲンとしての本来の機能を失ってしまう。つまり鉄筋としての機能を失い、錆びついて、ポキッとチョークのように折れやすくなってしまう骨のコラーゲンがどんどんAGE化してい長く糖尿病にかかっている患者さんほど、くからです。骨が折れやすいのは、長期でだから発症初期の糖尿病の患者さんは、いくら血糖値が高くても、糖尿病にかかっている患者さんほど骨粗鬆症になりやすいのです。

細胞分裂が盛ん

症状が軽くなる例も多く骨折のリスクはあまり高くない。
さきほど糖尿病の患者さんは骨密度があまり低くないと言いました。でも、長くかかっていると、骨質だけでなく、やがて骨密度も低くなってきます。糖尿病の患者さんに重度の骨粗鬆症が多いのはそのためです。
ここにも実は、AGEが関係してきます。
機能を失わせますが、細胞の受容体RAGEと結びつく鉄筋だけでなく、コンクリートもスカスカになる。
AGEはそれ自体、元のタンパク質を変質させて、と、攻撃的なモンスターに変身するのは、お話しした通りです。
骨を構成する細胞でもそれが起こります。骨には、骨細胞、骨を形成する骨芽細胞、さらに古くなった骨を破壊する破骨細胞の三種類が存在します。骨の新陳代謝を考える上でとくに大切なのは、骨芽細胞と破骨細胞の一つです。

薬が合わないのでちょっと減らしてください


骨はずっと変わらないように見えますが、古い骨は破骨細胞に食べられて、強度が維持されるしくみになっています。私たちの皮膚と同じです。
常に新しいものに置き換わりさてここに、コラーゲンが糖化されて終末糖化産物となったAGEが登場します。骨の細胞はみな受容体のRAGEをもっています。そこにAGEがくっついてAGE-RAGEの複合体が生まれます。
さあ、どうなるか。
骨をつくる骨芽細胞のRAGEにくっついたAGEはAGE-RAGEとなって骨芽細胞を殺してしまいます。
つまり骨をつくる細胞が減ってしまうわけです。
一方、破骨細胞のRAGEにとりついたAGEは、破骨細胞を活性化させ、どんどん増やします。骨は食べられてしまいますから、ますます骨の量は減ります。骨がもろくなっていくのです。RAGEを数多くもって生まれてきた例のネズミの骨は、ボロボロとなります。から溶けだしたカルシウムはどこに行くのか?
ここで一つ言っておかなければいけないことがあります。AGE-RAGEカルシウムが溶けだします。では溶けたカルシウムはどこに行くのでしょうか^によって破壊された骨からカルシウムは血液の中に出てきます。
治療と併用しているとき

病気に対して

治療を始める必要があります。そして結局は骨以外のところで沈着します。
とくに沈着しやすいのが、さきほど血管のところで話した動脈硬化のプラーク部分です。
かゆ動脈硬化の粥状部分に沈着して、石のように硬くする。
やわらかい粥のようなプラークと固い石灰化が共存するので、ちょうど境目のところに物理的なストレスがかかって、プッツンする血小板がやってきて、血液を固める、血栓ができる。
そして血管がつまる。
だから骨粗鬆症は、同時に動脈硬化、石灰化のリスクも引き起こすのです。
でもなぜカルシウムは動脈硬化の部分で石灰化するのでしょう^ここにもAGE-RAGEが関わります。

に働いて骨をつくらせなくし、破骨細胞に対AGE-RAGE複合体は、骨の骨芽細胞に対してはしては活性化させて骨を溶かしてしまいます。

カテゴリー: 健康, 症状 タグ: , パーマリンク