ストレスがいちばん大きいのではないでしょうか。

病気と付き合う覚悟を決め

名前はガレクチン3。善玉の受容体で、医学的にはAGEのデコイ受容体と呼ばれています。
ご存じの方もいるかもしれませんが、デコイとは、おとりの意味です。AGEをくっつけて、RAGEと合体させないよう防ぐので、おとりです。
うまくデコイとくっつけば、AGEは悪さをしないまま、一生を終える可能性がある。
イとくっついたAGEは、細胞の中でずたずたに分解されてしまうようです。
どうやらデコそして細胞も、どの受容体をどれだけもっているかはさまざまですRAGEよりもっていれば、かりにAGEがやってきても、あまり障害を受けなくてすむ。
デコイ
をたくさん反対にRAGEばかりもっている細胞だと、AGE-RAGEだらけになり、ドカンと影響を受けます。

このことがAGEに対する感受性としてあらわれるのかもしれませんいずれにせよ、RAGEはどの細胞ももっている。AGE-RAGEの形になると、その細胞や周りの細胞にさまざまな悪さをするわけですから、とにかくAGE-RAGEを活性化させないようにすることが大切です。そのためにはそもそもAGEをつくらせない、の方法となるわけです。
ためさせないというのが、体を守る、老化を抑えていく一番人間の体はやられっぱなしかもっとも人間の体はやられっぱなしではありません。最近、体の組織を修復しようとするしくみがあるということです。
再生医療の分野でわかってきたのは、人間にはたとえば血管が傷つくと、骨髄から血管の内皮細胞になるような細胞が産生されて駆細胞といいます、障害を受けた血管の部位に動員されます。
この細胞を血管内皮前そして傷ついた血管を何とか修復しようとする。まさに窮地を救うヒーローです。
しかし、です。いやらしいことにAGE-RAGEはその修復系をブロックします。
助けに来たヒーロー細胞をやっつけてしまう。なんたるいやらしさ!なぜAGE-RAGEにそんなことができるのでしょうか答えは簡単です。そのヒーロー細胞である前駆細胞にもRAGEがあるからです。

ホルモンは髭や胸毛では毛母前駆細胞のRAGEにひとたびAGEがくっつくと、正義の味方のヒーローはパワーを失い、豹変します。
例の強力な酸化酵素ビームをまき散らしながら、片っ端から仲間の前駆細胞を破壊したり、その動きを妨げる悪の手先に変身します。
いやはやAGE-RAGEはなんとも始末に負えない怪物です。
怪物ついでに、もう一つAGE-RAGEのいやらしさをあげておきましょう。
動脈硬化に関していうと、血管壁にできた脂の固まりプラークを薬で治療して小さくする方法がありま一つはコレステロールを下げること。
壁に侵入しても、なんとか防げる。
血液中をさまようコレステロールの量が少なくなれば、多少血管の内この理屈で開発されたのがスタチンという薬で、コレステロールを下げる治療薬として医療現場で使われています。実際に糖尿病や動脈硬化症の進んだ患者さんにこの薬を飲んでいただくと、動脈硬化の進展や心筋梗塞などの血管系の病気の発症をある程度抑えられることがわかってきています。もう一つは現在開発中ですが、動脈硬化層からコレステロールを引っこ抜くという方法です。内皮細胞の周辺にたまったコレステロールを汲みだして、最終的には肝臓に送りこんでしまう。これをコレステロールの逆転送系といいます。

つまりコレステロールが肝臓でつくられ、血中に出て血管やいろんな臓器に渡されていくのが順方向のパスウェイだとしたら、動脈硬化のプラークにたまっているコレステロールを引っこ抜き、肝臓に送り返してやるのが逆転送系です。いま、まさにこの治療薬が開発されつつあります。
ところが、です。
AGE-RAGE系はこのコレステロールの逆転送系を完全にシャットダウンしてしまうというのもコレステロールをプラークから引き抜くとき、二つの重要なタンパク質が必要なのですが、AGE-RAGEはこの二つのタンパク質のレベルを引き下げてしまうからです。
だからもう何重にも、動脈硬化を悪化させます。

  • 動脈硬化も進んでいて
  • 遺伝的な気質
  • 症状を完全に消し去る現象

健康に磨きがかかることを願っています。

うつが重くなります。コレステロールをとりこむ、炎症を起こさせる、マクロファージを呼び寄せプラークを形成する、血栓をつしかし、最近の私たちの研究で、コレステロールを下げる働きのあるスタチンにAGE-RAGEの作用をブロックする効果があることもわかってきました。スタチンには、AGE-RAGEによって破綻したコレステロールの逆転送系を正常に戻す作用があるようです。
RAGEを増やすと血管はどうなる?
AGE-RAGEは、手を替え品を替え血管を痛めつけます。
と血管はどうなるのでしょうか^では、このRAGEの数を人工的に増やす。私たちは、生まれつきRAGEを三倍多くもっているネズミをつくりました。そしてこのネズミを糖尿病にしてみたのです。もう、結果はおわかりでしょう。そうです。ふつうのネズミを糖尿病にした場合に比べて、早く血管が傷んでいきました。腎臓の働きがどんどん悪くなることがわかりました。網膜症も動脈硬化症も進みます。つまり、糖尿病で同じだけAGEがたまってしまった状況でも、RAGEの数が多いと血管がボロボロになってしまうのです。
一方、生まれつきRAGEをもっていないネズミもつくられています。
このネズミを使って糖尿病にした研究では、腎臓の障害や動脈硬化症が起きにくいことが報告されていますRAGEの数の多い·少ないによって、血管の傷み方のスピードや感受性が大きく変わることが予想されます。
「えっ!生まれつきRAGEをもっていないネズミは、すぐ死ぬんじゃないか?」って。だって、RAGEは、お母さんのお腹の中にいるときの赤ちゃんの神経細胞のネットワークをつくる働きをしているはずだから「これがないとまずいのではないか?」って。
そうですよね。
当然、私たちもそのように考えていました。
しかし、実際には、びんびんして元気に生まれてきます。
おそらく生まれつきRAGEができないように操作されたネズミでは、他の因子が胎児のかなり早い時期から働き始め、RAGEの働きを肩代わりするのではないかと考えられています。このような機構を医学的にはリダンダンシーと呼びます。何かに備えてのバックアップ機構のようなものです。

動脈瘤にかけられます。ただ、一般的にアダンダンシーは、冗長、つまり文章などが回りくどく重複がある場合に使われる言葉ですが、医学では少し使われ方が違いますね。なんだか、表現が冗長になってきました!
それにしても、神経細胞のネットワークづくりというRAGEの最も重要な点において、その働きを肩代わりする代償機構があるなら、いっそのこと、はじめからRAGEなど人間の体に存在しなければいいのになあと思ってしまいます。おそらく、人は長い進化の過程のどこかでこのRAGEに大きく依存していたのでしょう。その名残り、ツケを私たち現在人は背負っているのかもしれませんあるいは、ひょっとするとRAGEがあると、成人になり結婚して子どもをつくるまで生き延びられる可能性が高かったのかもしれません。RAGEが、子どもをつくり子孫を多く残すのに有利であれば、この血は脈々と受け継がれていくわけですから実際、こういった考え方の正当性は、特殊な遺伝病の例で支持されています。たとえば、さきほど私はAGE-RAGEがNADPH酸化酵素を活性化させ、血管を錆びつかせ動脈硬化を起こし、心筋梗塞、脳梗塞の引き金になると言いました。では、この酸化酵素ビームをまきちらすNADPH酸化酵素が働かないとどうなるでしょうか。

いいこと尽くめ?
いや子どものころからばい菌と戦う力が弱く、通常治療しなければ成人まで生きられません。NADPH酸化酵素は悪いことばかりしているわけではないのです。それどころか、こいつがうまく働くことで、免疫力が弱く、ばい菌にさらされやすい幼少期を生き延び成人して子孫を残す可能性が高くなるわけです。
進化の過程では、子どもをつくった後のことはいっさい考慮されません。中年からは病気に関わる悪い因子(NADPH酸化酵素は、心筋梗塞と関連する)であっても、成人まで生き延びるのに有利なものであれば、淘汰されずに残るのです。リチャード·ドーキンスの言うように、遺伝子はきわめて利己的なのかもしれません。

ストレスをためこまないようにする。

脇道にそれますが、どうしてがんの遺伝子が生き残ってきたのかにも、この考え方の一部が当てはまるのかもしれません?RAGEのネーミングは、怒りから?
AGE-RAGEは、酸化ストレスのビームをまき散らし、細胞に障害を与え、老化を促進することはここまで何度となく触れてきた通りです。そして、細胞のRAGEにAGEがくっつくと、RAGE自身の数が子どものように増えてくることも述べました。RAGEは、AGEの受容体、鍵穴receptorということでRAGEと略号として記載されるようになったのでしたねでも、ここで、あえて英和辞書でrageの項を繰ってみることにしましょう。すると、「些細なことから急に怒りを爆発させてキレた状態になること」とあります。一番身近に感じるrageを使った英語表現は「ラップ·レイジwraprage」。梱包されているビニールの包み方がきつく、中の品物がなかなか取り出せずにイライラするときに、使われる表現です。rageのイメージがよく湧いてくるでしょう。
本来は、神経細胞のネットワークづくりに関わるアンフォテリンの受容体として機能すべきRAGEが、加熱調理したAGE豊富な食品を口にするといった些細なこと
から、悪のシグナルを伝える受容体へとシフトし、延々と激しく細胞を障害していく様が、この名前から窺い知れます。火を使い食品を調理するようになったことは、もちろん決して些細なことではありません。人が今日あるのも、そのおかげによるところが大きいと思います。しかし、火と引き換えに食品中にAGEができてしまったことは、火の発明から見れば枝葉末節なことだったのだと思います。でも、このことが、いまの社会の心臓血管病の蔓延に関わっている可能性があります。それもすべて、RAGEがぶち切れた状態になったからとも考えられるのではないでしょうか。
単語のrageには、大流行(alltherage、greatrage)などの使い方もあるようで、なにも悪い使い方だけではなさそうです。

病気になったと考えられるのです。

薬として承認されているひとつrage研究をはやりにしたいものです。そうなれば、これまで以上にいろんなことがわかり、違ったタイプの病気の予防や治療に応用できるかもしれません骨に与える影響-骨粗鬆症人間の体中にあるタンパク質コラーゲンは骨にも多く存在します。
どんな影響があるのでしょうか。
骨にあるコラーゲンがAGE化するとこつそしょうしょう骨がもろくなり、折れやすくなります。その代表が骨粗鬆症という病気です。
現在、日本では一100万人くらいの人が骨粗鬆症にかかっていると言われています。
要介護や寝たきりな生活の質の低下に深く関わる病気です。
たとえば大腿骨頸部骨折、これはヒップの骨折ともいいますが、ど、太もものつけ根の骨が折れると動けなくなるので、寝たきりになります。椎体骨折です。
背骨の骨が圧迫骨折するもので、背中が丸くなってきます。
また日本人に一番多いのは、臨床的に一番わかりやすいのは、110歳のころより身長が何センチ縮んだかで11センチ以上低くなっているようだと、やはり椎体骨折を起こしている可能性があります。実際、椎体骨折の約六〇%程度は、痛みという症状がまったくなく、知らず知らずに椎体がもろくなり、つぶれて背中が丸くなり、背が縮んでしまうのです。


ホルモンは髭や胸毛では毛母 薬をやめると治ります ストレスがいちばん大きいのではないでしょうか。

薬を飲んで死亡しよう

薬をやめると治ります

ところが目の水晶体のように、一生入れ替わらないタンパク質だと、まって、周りの組織に影響を与えつづけるのです。
AGE化したものは、そこに生涯とど体内で寿命が長いタンパク質というと、コラーゲンが挙げられます。
人間の体をつくっているのは主にタンパク質ですが、そのうちの三割がコラーゲンです。
このコラーゲンのAGE化が、私たちはコラーゲンと聞くと、体内で影響を与えている可能性は大です。
すぐ皮膚の弾力性などを連想しがちですね。
でもコラーゲンは皮膚だけではありません。
軟骨、腱や骨、まずは年をとっていくと、血管や脳など体内に幅広く存在しています。
しかし、だれもが気になる皮膚の話から始めましょう。
皮膚に与える影響-たるみ、しわ、しみ、そばかす。皮膚にAGEが顕著に与える影響は、たるみ、しわ、ませんが、老化現象としてとらえられています。
しみ、そばかすなどです。

これらは病気
ではありもっとも、これから述べていくさまざまな病気も、AGE化によってタンパク質や細胞が変化して、来の機能を失うものなので、大きく言えば老化といってもいいでしょう。
本AGEが老化物質といわれるのも、でいるからです。体のさまざまな組織がもともとの機能を失い、衰えていくことにからん皮膚の老化の原因は皮膚のタンパク質であるコラーゲンが長い間、壊されたりして、AGE化されることによって起きます。
体温で加熱されたり、太陽の紫外線で破そしてひとたび変質して弾力性を失うと、たるみやしわなどの老化が起こるのです。
また長く体内で加熱され調理“されることで、メイラード反応も生まれます。
いわゆるしみ、そばかすです。
たしかにしみ、そばかすはフライパンで熱せられたような茶色をしていますね。
ここに太陽光線が加わると、AGE化はさらに促進されます。
太陽光線は紫外線を含んでおり、酸化反応をAGE化を加速さ酸化反応は糖化反応とあいまって、促進させます。
せるのです。
一気にメイラード反応
を推し進め、二00一年に、加齢とともに人の皮膚にAGEがたまることを証明したものがあります。
AGE化が進むことを明らかにした論文もあります。

医師の腕にもよります皮膚の老化が早まるのはよく知られていますが、実際、また紫外線の照射が多いほど、日焼けをすると、AGEやメイラード反応
の観点から見ていくと、そのしくみがよく理解できます。
皮膚で面白いのは二〇年ほど前に発表されたラットによる実験です。若いラットをカロリー制限して育てると、その後、食事制限をしなくても、皮膚のAGE化や色素沈着を防げるというのです。
まさに記憶の作用がここでも見られます。
ある一定の期間、きちんと食事を管理すると、その後、食事を元に戻しても、ふつうに食事をお腹いっぱい食べていたラットより、皮膚の老化が防げるさらに全生涯を通じて、カロリー制限したラットは、まで延びた、という実験結果があります。
皮膚のAGEが減り、色素沈着も抑制できるし、寿命ここで注目したいのは、皮膚の老化と寿命の関係です。
皮膚が若々しいラットは、寿命が長いということは、お肌の老化が進んでいる人は、全身の老化が進んでいる。
そして寿命が短いといえるかもしれません皮膚の状態で体の老化の程度やひょっとすると、寿命まで推測できる時代が来るかもしれません。
いずれにしても、肌がぷりぷりでつやつやなのは、女性なら憧れるのは当然のこと。若さの象徴であり、活なんとか、皮膚のAGE化を防いで動的で魅力的な人生を歩んでいる証拠といえるのではないでしょうか。
若々しく見られたいものです!
次に、きます。

同じコラーゲンでも、体中の血管や骨の細胞の足場を組み、これらを支えているコラーゲンを見ていこれらのコラーゲンがAGE化すると、血管や骨に悪影響を及ぼします。
血管に与える影響-動脈硬化血管を例にとって、AGEが何をしているのか、お話ししましょう。
血管は内側に内皮細胞があって、その周りをぐるりとコラーゲンが囲んでいます。
その外側を平滑筋細胞という細胞が囲み、さらに外側を外膜がおおっています。
コラーゲンは内皮細胞と平滑筋細胞の間で、クッションのように足場を組み、血管にしなやかな弾力性を与えています。ここがAGE化して、糖のこぶだらけの糖化物質AGEコラーゲンになるとどうなるか。
コラーゲン自身がクッションとしての機能を失うだけでなく、内皮細胞や外側の平滑筋細胞に攻撃を仕掛けるようになります。性格も一変して、いままで守ってきた内側のまず血管の内側、血管内皮細胞に対しては、血中に流れているLDLコレステロールルが内皮細胞内にしみこみやすいような環境をつくってしまいます。
悪玉コレステローLDLコレステロールの侵入を受けた内皮細胞はダメージを負い、炎症反応が起きる。
Sに反応して血液の中から白血球のマクロファージがやってきます。
すると、そのsoそして脂まみれのAGE化したLDLコレステロールを次々と食べる、食べるかゆマクロファージに食べられたコレステロールの残骸は、じゅくじゅくした粥のような状態になって盛り上がります。

  • 症状がどのよう
  • 症状はよくなります
  • 認知症ではないかと疑う必要があります。

医師にかかっている人であれば

認知症の患者さんに対してマクロファーン初期の動脈硬化ができるメカニズムAGEによって血管壁の内皮細胞が破壊され、悪玉のLDLコレステローレが侵入する。そこへマクロファージがやってきてAGE化したLDLコレステロールを食べる。それが泡沫細胞となり、それらが粥状になってプラークを形成する。やがてプラークが破れると、血小板がやってきて血を固めて修復しようとして、血栓ができることにつながる。一方でAGE化したコラーゲンは、平滑筋細胞の異常増殖を促して動脈硬化を、要は、血管の表面に脂の固まりが乗っかっているような状態を想像してください。
やがてその薄い皮膜がブチッと、膿が破れるように破裂する。血管が破れたのかと勘違いした血小板が需わてでやってきます。
そして血を固めて破れをふさごうとする。
結局は、血流がせき止められてそこに血の固まりができてしまいます。これが血栓です。
このことが、心筋や脳に栄養を与えている血管に起こり、その血管の心筋細胞や脳への血液が遮断される結果、細胞が死んでしまう病気、これが心筋梗塞や脳梗塞です。
つまり、死んでしまったら、そのまま、元には戻心筋も脳の細胞も一般的には、らず、永久に障害を残します。
ほとんど再生できません。
一方、AGE化したコラーゲンは血管の外側の平滑筋細胞にも攻撃を仕掛けて悪さをします。あとで説明しますが、平滑筋細胞を刺激して、細胞の数をどんどん増やしてしまう。血管の外側にある平滑筋細胞が異常に増えて厚くなるので、血管が厚く硬くなります。これが動脈硬化です。
他の細胞を攻撃す。つまり血管のコラーゲンがAGE化すると、る破壊者になる。
コラーゲンとしての機能を失うだけでなく、血管の内皮細胞に対してはLDLコレステロールを呼び込んで血管壁を破壊する働きをするし、筋細胞に対しては数をどんどん増やして、血管を厚くする。
外側の平滑一方では細胞を破壊し、もう一方では細胞を増やす。まったく相反する働きをするとんでもないモンスターに変身するのです。みなさんは、血管の細胞は破壊されても修復されるんじゃないか?と思われるかもしれません。しかし、AGEは、血管の修復系も破綻させてしまいます。まるでブレーキが壊れ、一方ではアクセルをふかす暴走自動車のようなものです。
また、AGE化したコラーゲンは、悪玉コレステロールであるLDLコレステロールをさらに酸化AGE化させ、いっそう悪玉化させます。

ストレスが減るとフリーラジカルの発生が抑えられるさらに血栓をつくりやすくすること、一度できた血栓を溶かしにくくし血液の流れを長時間せき止めさせることなども知られていますので、もう、やりたい放題です。
AGEを暴れさせる鍵穴受容体RAGEここで少し難しい話をします。なぜタンパク質の糖化物質にすぎないAGEが、もない暴れ方をするのか、ということについてです。
モンスターのようにとんでいままで触れませんでしたが、実はAGEが細胞に対してアタックをするようになるのは強力なサポーターがいるからです。悪の支援組織がいるわけです。
それがAGEの受容体RAGEreceptorforAGEです。
さきほどお話しした血管の外側の平滑筋細胞がどんどん増えてしまったのも、受容体RAGEのせいです。
このRAGEは体中の細胞の一つひとつすべてにあって、鍵穴のようにAGEをくっつけます。
そしてAGEが細胞のRAGEにとりつくと、とりついた細胞に対してはもちろん、その周囲に対しても悪質な攻撃を仕掛けることになるのです。
もっとも、RAGEはAGEをくっつけるために生まれたものではありません。人間がまだ胎児のころ、神経の細胞が発達、分化する過程で重要な役割を果していた受容体です。どの細胞にもRAGEがあり、アンフォテリンというタンパク質と結びつきながら、主に神経細胞を増やしていきました。
つまり胎児はアンフォテリンを道案内役に、必要な場所に必要な神経細胞のネットワークを完成させていきます。神経系の完成にRAGEはきわめて重要な役割を果していたわけです。
しかし神経系が完成した後、つまり生後は、RAGEの出番はなくなっています。ならば、のかしかもすべての細胞に!

認知症を早期発見するという役割です。

が疑問ですが、おそらく脊髄などの神経が損傷したときに、ためのバックアップとして残っているのではないかと考えられています。
なぜ残っている神経を再生するとにかく、RAGEは生まれ落ちたときにはすでに役割を終えてしまう受容体ですから、蓹免状態、開店休業状態になっています。
実質的には、お役ところがです。このRAGEにはとてもいやらしい性格が二つあります。一つはアンフォテリン以外のタンパク質とも浮気をしてくっつく。もちろん本来のアンフォテリンほどには強固な結びつきではありませんが、その一0分の1くらいの強さで好んでAGEとくっつきます。

ほかにもアルツハイマー病の原因物質といわれるβアミロイドというタンパク質ともくっつきます。この浮気ぐせがくせ者です。本来は、胎児期にアンフォテリンと結婚して私たちの神経細胞のネットワークづくりに働いたら活動を終えるべきなのに、他のものとくっついて、やらなくともいいことをしだす。これがトラブルのもととなります。二つ目のいやらしい特徴は、これらほかの浮気相手のタンパク質とくっつくと、自分の数を増やすことです。
よそで子どもをつくるようなものですね。まったくけしからん奴です!赤ちゃんがオギャーと生まれてきたとき、神経系はもう完成しているので、RAGEの役割はほとんどありませんでもAGEとRAGEがくっつきAGE-RAGEの複合体ができると、うに自分自身で数を増やしてAGEを呼び込んでいきます。

神経が刺激されて

予防年をとってにょきにょきと竹の子のよもともとAGEもタンパク質が変性してできた物質ですので、あってはいけないもの同士がくっついたために、悪の連鎖が始まってしまう、と言ってもいいかもしれません?強力な酸化ビームを出す。AGE-RAGE
複合体AGE-RAGEの複合体はどんなメカニズムで細胞にダメージを与えるのでしょうか。
AGEがRAGEとくっついて酸化酵素という難しい名前の酵素です。これは強力な酸化酵素で、この酸化作用がさまざまなダメージを細胞に与えるのです図6
AGE-RAGE
になると、ある酵素が活性化されます。
NADPH細胞を酸化させる。
つまり錆ができる。さきほどの動脈硬化についていうと、細胞を錆びつかせ、殺してしまう。
内皮細胞にあるRAGEと結びついたAGEは酸化酵素を出して内皮その結果、内皮細胞で守られていた血管の壁がもろくなって、LDLコレステロールが侵入し、さきほどいったような一連の反応が進んでいきます。悪玉コレステロールであるLDLコレステロールの酸化さらなる悪玉化にも一役買います。
また平滑筋細胞のRAGEと結びついたAGEは、管の外側の壁は厚く、硬くもろくなっていきます。

平滑筋細胞をがんのようにどんどん増やしてしまう。
血ここで疑問に思う方もいるかもしれませんね。
同じNADPH酸化酵素による酸化ストレスを受けたのに、なぜ内皮細胞は死に、平滑筋細胞は増えるのか^おそらく細胞によって酸化ストレスへの耐性、感受性が違うからだと思います。
酸化ストレスに弱い細胞なら、NADPH酸化酵素の攻撃を受けて、一気に死ぬ可能性があります。
しかしある程度酸化ストレスに強い細胞だと、そのストレスに対して逆にもっと頑張るぞーと活性化するかもしれない。平滑筋細胞は酸化ストレスの攻撃を受けて、もっと元気になってしまったのです。
いっても、出しゃばりすぎて正常の働きを超えた振る舞いのようですが。
元気とはあるいは、こんな別の考え方もできます。
その細胞がどれだけ酸化ストレスを除去する能力にたけているのか。
たとえばAGE-RAGEの酸化ストレスが10というダメージを細胞に与えたとします。
ある細胞はそれを八くらい消去する能力をもっている。
ある細胞は11しか消去できない。
細胞の生死を分けることもあるでしょう。
すると残った酸化ストレスの量が、それと、これはひじょうに細かい話になるので、参考程度に聞いておいてください。
AGEとくっつく受容体はRAGEだけではありません。AGEとつながり、悪さの限りをするのはRAGEですが、AGEとくっついても悪さをしない別の種類の受容体もあります。


医師の腕にもよります 動脈瘤は血管の内膜や中膜が突然裂けて 健康で長生きするという目的の中